2024年7月のリリースノート

Listings

Google一括オーナー確認は、10カ所以上の店舗を持つ事業が、各店舗を個別に確認するのではなく、すべてのロケーションを一度に確認するためのプロセスです。新たにリリースされた一括オーナー確認準備度状況レポートは、Googleで一括オーナー確認プロセスを開始するために必要な手順が完了したかどうかを自身で判断する上で役立ちます。Googleによる一括オーナー確認プロセスとその他のオーナー確認オプションの詳細については、Googleオーナー確認をご参照ください。 Yextによる一括オーナー確認の詳細については、Googleビジネス プロフィール(GBP)の一括オーナー確認のヘルプ記事をご覧ください。

今回のリリースで、ユーザーはリスティングのパフォーマンスを向上させるためのカスタマイズされた推奨事項をエンティティで確認できるようになります。推奨には、祝日の営業時間やソーシャルメディアのプロフィールなど、まだ入力されていない価値の高いフィールドを特定するフィールドの完全性のほか、説明フィールドのターゲットキーワードなど、フィールドに関連性の高いデータが十分に含まれていることを確認するフィールドの品質が含まれます。これらの推奨はContentのエンティティで直接確認できます。

また、リスティングフィールド用のコンテンツ生成機能を使って、説明、キーワード、よくある質問、Appleの事業概要などのフィールドでAIが生成したコンテンツを活用するための推奨事項に基づき、チームが行動を起こすこともできます。これらのフィールド内の杖のアイコンをクリックするだけで使えます。


レビューおよびユーザー作成コンテンツ

レビューへの自動レスポンスがプラットフォームにネイティブに組み込まれました。また、埋め込みフィールドのサポート、自動応答の監視とフィルタリングの強化、応答ルール構成用の新規UIなどの新機能も追加されました。

現在、レビュー自動レスポンスアプリをご使用の場合、プラットフォーム内機能に移行することをおすすめします。このアプリはリストから削除され、今後サポートは提供されません。

プラットフォームでレビュー自動レスポンスを設定する方法の詳細については、レビュー自動レスポンスを設定するガイドをご覧ください。

自社サイトのレビューは、Yextパブリッシャーオペレーション承認フローを経由せずに、直接削除できるようになりました。ユーザーの権限に基づいて、自社サイトのレビューを直接削除できます。削除された自社サイトのレビューの削除を取り消すこともできます。

自社サイトのレビューを削除する方法の詳細については、自社サイトのレビューを削除するヘルプ記事をご覧ください。

レビューモニタリングで、隔離されたレビューの残り時間を表示し、絞り込むことができるようになりました。隔離機能を使用すると、消費者がレビューを送信してから最大120日間、自社サイトのレビューがウェブサイトに掲載されるのを防ぐことができます。

「隔離」ステータスのレビューの「ステータス」列で、残りの隔離日数を確認します。「残りの隔離日数」で詳細フィルター追加して、設定する特定の日数に等しい日数、それ以下、またはそれ以上の日数を絞り込むことができます。

レビューモニタリングテーブルと絞り込みの詳細については、Yextのレビューモニタリングの概要 をご覧ください。

Pages

Yextを使用してウェブサイトをデプロイすると、「プレースホルダー」プロダクションドメインが提供され、デプロイされたコンテンツをすぐに表示し、共有できます。現在、最初のサイト作成フローとサイト作成後に、独自のプレースホルダードメインを設定できるようになりました。

詳細については、ドメイン構成についての参考資料をご覧ください。

エンティティレベルの認証では、任意のユーザーがエンティティテンプレート内で式を作成し、特定のページの閲覧権限を持つユーザーを決定できます。式を使用すると、メールやロールなどのエンティティで定義されたデータと、OIDCプロバイダーから返されたクレームデータを照合し、スケーラブルなサイト全体の認証ルールを作成できます。

詳細については、エンティティレベルの認証についての参考資料をご覧ください。

PagesJSのモジュールを使用すると、Reactコンポーネントを記述し、公開URLで提供することができます。この結果、任意のHTMLページに<script />タグを通じて挿入することができます。この機能は、外部のウェブページがYextにホストされ、Reviewsなどの他の製品からAPIデータを表示するビジュアルコンポーネントを作成する場合に便利です。開発者は、既存のPagesインフラストラクチャに接続してモジュールをローカルで開発、テストすることができます。また、GitベースのCI/CDパイプラインとサービスレイヤーを使用して、グローバルCDNにデプロイすることも可能です。

詳細については、モジュールについての参考資料をご覧ください。

Analyticsコンポーネントの更新バージョンを含む、@pages-componentsライブラリの新バージョンをリリースしました。新しいコンポーネントは、コンバージョントラッキングに対応しています。これにより、分析イベントに金銭的価値を割り当てて、YextのAnalytics Report Builderでパフォーマンスを追跡できます。また、新しいコンポーネントには強化版「デバッグ」モードも含まれています。このデバッグモードを使用すると、Analyticsの「スコープ」セクションやクリックイベントがページでどのように構成されているかをテスト中に視覚化しやすくなります。

詳細については、Yext Analyticsを実装するについての参考資料をご覧ください。

Content

Yextでは、住所とサービスエリアをフィールドに入力する際、Googleからのコンテンツを提案して自動補完を行うようになりました。さらに、Googleエンティティ関係フィールドに場所ID検索ツールが追加されました。ユーザーが所在地名を入力すると、場所IDに関連してそのフィールドに自動補完されるようになりました。このアップデートは、Contentで今すぐご利用いただけます。 *住所フィールドの自動補完は、現時点で最もエラーが多かった米国、カナダ、英国、フィンランド、ドイツ、日本に限定されています。

ユーザーは、Content内のエンティティを絞り込む際に、フィルターの条件をより詳細に適用できるようになりました。新たに利用できる絞り込み条件には、リンクされたエンティティ関係(例:「エンティティAの親」、「エンティティAの子」、またはリンクされたエンティティに保存されているフィールドに基づく絞り込み)、サブフィールド(例:「代替ウェブサイト > 「yext.com」を含むURL)、指定されていない値(例:「フィールドAにはデータがありません」)が含まれます。Contentでこれらの絞り込みオプションをご利用いただけるようになりました。

次回のリリースから、Oloで品切れになったアイテムは、メニューコネクターアプリ経由でYextに取り込まれます。上記の更新内容がお客様のアカウントのご希望に合わない場合は、担当のクライアントサクセスマネージャーまでお問い合わせください。Oloコネクターの詳細については、Olo Connectorsインストールガイド をご参照ください。

プラットフォーム

サブリセラーはAPIを介してサービスを管理できるようになりました。これにより、サブリセラーは他のサブリセラーからのデータを確認、変更する必要なく、お客様の登録、アップグレード、ダウングレード、キャンセルを行うことができます。

新しい色、フォントの導入とスタイルの微調整を行い、プラットフォームのデザインを一部変更しました。デザインを一部変更したことにより、YextのUIが改善され、より操作しやすくなりました。

エクスペリエンストレーニングテーブルには、「検索回数」と「最終検索日時」の2つの列が追加されました。

  • 検索回数は、特定の検索用語が検索された合計回数を示します。これは以前、「注目スニペット」テーブルでのみ利用できましたが、現在ではNLPフィルターとスペルチェックのテーブルにも追加されています。
  • 最終検索日時は、特定の検索用語が最後に検索された時刻を示しています。

さらに、これらの新しい列を使ってエクスペリエンストレーニングテーブルを並べ替えることも可能で、最も頻繁に検索される用語や最近検索された用語でリストを整理できます。

詳細については、エクスペリエンストレーニング のセクションをご覧ください。

Publishers

Yextパブリッシャーネットワークに新規追加されたパブリッシャーは、2024年8月7日に予定のリリース時に公開される予定です。既存のパブリッシャーに対する更新は2024年7月2日に有効となります。

ユーザーは、ホテルリスティングのソーシャル・メディアリンクをGoogleビジネスプロフィールリスティングに同期できるようになりました。この情報は、Yext ContentのXハンドル、Facebookページ URL、Instagram ハンドル、TikTok URL、LinkedIn URL、Pinterest URL、YouTubeチャンネルURLフィールドによって提供されます。

以下のフィールドをAppleリスティングに同期できるようになりました。

  • 追加のサービス時間。店内飲食とテイクアウトの営業時間が、Apple listingsでサポートされるようになりました。

このリリースでは、データをYelpの要件に合わせてYext ContentからYelpに送信するために、「開業予定」のロケーションのロジックを更新しました。

  • Yelpの30日間ウィンドウの前に追加された開業予定ロケーションは承認されず、Yelpに送信されません。
  • 30日目に、当社はYelpに送信するデータをYelpのガイドラインに準拠するように自動的にフォーマットします(たとえば、名前に「開業予定」が含まれるように再フォーマット)。
  • オープン当日は、通常通りすべてのデータを送信します。

引き続き、ユーザーは通常どおりYext Contentに情報を入力する必要があります。その後、当社がデータをYelpに送信する際に必要な変更を行います。

DocShopはサービスを終了し、7月2日にYextパブリッシャーネットワークから削除されます。このリリース後は、データをこのサイトと同期できなくなりますが、履歴データは引き続きプラットフォームで確認可能です。

Local.comはサービスを終了し、7月2日にYextパブリッシャーネットワークから削除されます。このリリース後は、データをこのサイトと同期できなくなりますが、履歴データは引き続きプラットフォームで確認可能です。

Retirementplanning.netは、7月2日にYextパブリッシャーネットワークから削除されます。このリリース後は、データをこれらのサイトと同期できなくなりますが、履歴データは引き続きプラットフォームで確認可能です。