Google GeminiやChatGPTなどのAIモデルはローカルビジネス情報をどこから取得するか

Trent Ruffolo headshot

By Trent Ruffolo

6月 13, 2024

1 min

AI検索は、特に最近発表されたGoogleのAIによる概要(ベータ期間の名称は「SGE」)に顕著なように、ユーザーがオンラインで情報を見つける方法を再構築しています。これを受けて、ブランドは情報の管理方法を調整する必要があります。AI検索技術の最新の進歩を活用するためには、あらゆるプラットフォームで堅牢かつ最適化されたデジタルプレゼンスを維持することが不可欠です。

これは、Google GeminiやChatGPTのようなAIモデルが、ローカルビジネスに関する情報を得るために主要なディレクトリやブランドウェブサイトだけでなく、幅広い情報源から情報を収集して包括的かつ正確な結果を提供していることが理由です。なぜそんなことがわかるのでしょうか。この真相に迫るには、主要AIモデルにそれぞれ「ローカルビジネスの情報をどこから入手していますか?」と尋ねるのが一番でしょう。では始めましょう。

Bing Copilot

Bing Copilotに情報源について尋ねたところ、ウェブサイトやオンラインディレクトリを含むさまざまな場所から地元のビジネス情報を収集しているという答えが返ってきました。

どのオンラインディレクトリを使用しているかを追加で尋ねると、Bing Copilotは使用しているディレクトリの一部のリストを返しましたが、このリストは網羅的なものではありません。

当然ながら、Google、Yelp、Bing、Foursquareといった主要プラットフォームが含まれますが、Yellowbook、Superpages.com.au、CitySearchなど、あまり有名ではないと考えられるサイトも含まれています。(興味深いことに、Yextは信頼できる情報源として7位にランクされており、信頼性の高いローカル情報を提供する当社の評判を裏付ける結果となっています。)

ChatGPT

ChatGPTは、オンラインディレクトリを含むいくつかのソースをリストで表示しました。さらに、具体的にどのウェブサイトが使用されているのかを尋ねたところ、次のようなリストが返ってきました:

このリストには、Google、Yelp、Bing、Facebookなどの有名サイトに加えて、Hotfrog、Zomato、BBBなどの小規模なウェブサイトも含まれています。

これがオンラインディレクトリの網羅的なリストなのか、それともローカルビジネス情報を収集するために何か他のものも使用しているかを尋ねたところ、次のようなレスポンスが返ってきました。

ChatGPTは、MerchantCircle、DexKnows、Insider Pages、Superpagesなど、小規模パブリッシャーとみなされる15サイトを利用しているようです。ChatGPTは、このように広範囲なオンラインディレクトリから、地元企業に関する詳細な情報が得られるとしてレスポンスを締めくくっています。こうした情報源の幅広さからは、詳細で正確なビジネス情報を提供しようとする同モデルの姿勢が伝わります。

パブリッシャーの意見もこれを裏付けるものです。「ChatGPTが当社の情報をスクレイピングしているは確かです」とLocally創業者のBob Gross氏は言います。「こうした傾向はしばらく見られ、ブランドがあらゆる規模の多様なパブリッシャーの中でプレゼンスを確立することの重要性を今一度示すものだと考えています。」Wogibtswas.de、Tupalo、Central Index、Scootなど、他の複数のYextパブリッシャーパートナーも、ChatGPTが自社の情報をスクレイピングしていると述べ、同様の見解を示しました。

Perplexity

検索エンジン、Perplexityにローカルビジネスに関する情報の入手先を尋ねたところ、ここでも想定通り、企業のウェブサイトやオンラインディレクトリを含むさまざまなソースを参照しているとの答えが返ってきました。

質問をさらに掘り下げ、検索エンジンとオンラインディレクトリをいくつ使用しているかを尋ねたところ、約15件のソースを使用しているとして、Yellow Pages、Baidu、Yandex、DuckDuckGoなどの予想外のウェブサイトを具体的に挙げました。Perplexityは「情報源を多様化することで、情報を総合的に収集することができます」と答えています。

Google Gemini

Google Geminiは、Googleマイビジネス(現Googleビジネスプロフィール)、企業ウェブサイト、その他のオンラインディレクトリを使用していると回答しました。Google以外にどのディレクトリが使用されているかについては、あまり説明がなかったため、ローカル企業に限った形で質問しました。情報源を正確に把握するため、ニューヨークのユニオンスクエア39番地にあるMcDonald'sが何時に開店するかを尋ねてみました。

Google Geminiが出したレスポンスは、GoogleビジネスプロフィールやMcDonald'sのウェブサイトからではなく、Tripadvisorのリスティングからのものでした。つまり、McDonaldのこの店舗がGoogleにリスティング and a structured location pageを所有しているにもかかわらず、Google Geminiがこうした情報をTripadvisorなどのサイトから調達していることになります。Google Geminiが正確な事業関連情報を得るため、多彩なソースを使用していることを確実に示していると言えます。

Meta AI

また、Meta AIは、さまざまなデータソースからローカルビジネス情報を取得していると述べています。Meta AIは、企業のウェブサイト、ソーシャルメディアプラットフォーム、オンラインディレクトリに加えて、データパートナーシップの唯一のロケーション管理プロバイダーとしてYextを挙げています。これは、信頼できるデータソースとしてのYextの独自のポジショニングを浮き彫りにするものです。

これはほんの一例ですが、当社はこれらのプラットフォームからの何百点もの多彩な事業関連データの回答を調べました。こうしたプラットフォームはすべて、データソースとして数十の名前を挙げています。(これは、当社の最近の調査レポートの調査結果にも明らかで、完全に同期されたデータを備えた広範なデジタルプレゼンスが検索システムとAIシステムの両方に最大限強力な信号を送信することを示しています。)

終わりに

事実、AIモデルは次のような多くのデータソースに依存しています。

  • 主要検索エンジン(GoogleやBingなど)

  • ブランドウェブサイトとローカルページ

  • 小規模な検索エンジンとオンラインパブリッシャー

一見、AIモデルは主要ディレクトリに主に依拠しているようにも思えますが、詳しく調べてみると、その本質が明らかになります。AIは、情報の幅広さ、正確性、一貫性を求めるということです。分析を詳細に行うことで、各モデルが広範なパブリッシャーネットワークを活用して情報の正確性と信頼性を確実に確保することができます。このことから、AIモデルで使用されるデータを検証し、質を高める上で極めて重要な点は、情報源を幅広く持つことであることが分かります。

上記の理由から、ブランドがAIを活用した検索環境で確実に成功するための体制づくりには、すべてのオンラインプラットフォームで最適化されたデジタル・プレゼンスを維持することが不可欠です。具体的には、ウェブサイト上の構造化されたロケーションページ、GoogleやBingなどの主要検索エンジン、小規模な検索エンジンやオンラインパブリッシャーなどが挙げられます。

Yextは、200を超えるマップ、アプリ、検索エンジン、オンラインディレクトリと提携しており、業界最大の直接APIインテグレーションパブリッシャーネットワークを構築しています。これにより、Google、Facebook、Bing、Apple Maps、Yelpのような大規模なプラットフォームや、AIモデルがローカルビジネスに関する情報収集に利用する小規模な検索エンジンで、最適化されたデジタル・プレゼンスを実現します。

今回の結果では、上位5つのAIモデルのうち2つ(Bing CopilotとMeta AI)が、特別に指示しなくとも、Yextを信頼できるデータソースとして挙げました。この際、他のリスティングマネージメントプロバイダーについては言及がなく、市場で最も信頼されているソリューションとしてのYextの信頼性を強調する結果となっています。このことから、Yextと提携することで、AI主導の検索で企業の情報を見つけやすくする最も良い戦略となることが分かります。

世界で最も信頼される高度なリスティングソリューションで、ブランドの検索認知度を高めたいとお考えの企業様は、Yext Listingsをご覧いただき、Yext Listingsがあらゆる検索プラットフォームで検索結果の最適化にどのように役立つかをご覧ください。

拡張されたパブリッシャーネットワークで、ブランドの検索結果がどのように向上するのかに関しては、こちらをクリックして、そのデータをご覧ください。

Share this Article