1 min

デジタル・プレゼンスの力:一貫した情報がブランドの発見可能性を向上させる理由

新しい調査によると、拡張パブリッシャーネットワークにわたる情報管理と、Googleからのクリック数の186%増加との間には強い相関関係があります。

By -

5月 9, 2024

1 min

検索結果の2ページ目を閲覧するのが顧客の1%未満に過ぎないことを踏まえると、Google SERPの上位にランクインすることが長年にわたり効果的なSEO戦略の基礎となっています。従来、これを実現するには、Googleを中心としたキーワード戦略に焦点を当て、一部の大手パブリッシャー(Google、Apple、Facebook、Bingなど)のブランド情報を管理するのが必須とされてきました。

しかし、検索環境は進化しています。検索エンジンはAI主導のテクノロジーでアルゴリズムを洗練させ、お客様に明確な答えを提供するためにさまざまなソースから情報を求めます。ブランドがオーガニック検索で勝つには、強力なデジタルプレゼンスを通じてGoogleへのシグナルを改善し、(さまざまな要因の中でも特に)関連性と精度を高めるために、拡張パブリッシャーネットワーク全体にカバー範囲を広げる必要があります。

発見可能性のためにブランドはいくつのパブリッシャーを優先すべき?

答えは、あなたが想像する以上の数です。

Yextは、Yextプラットフォーム内で管理されている15の業界にわたる62万件超の世界中のロケーションを分析し、200を超えるパブリッシャーで構成されるYextネットワークの50%未満でデータを同期しているロケーションでGoogleからのウェブサイトトラフィックが最も少ないことを発見しました。また、データによると、Yextネットワークの50%~75%を同期しているロケーションではGoogleからのウェブサイトクリック数が平均で95%増加し、Yextネットワークの75%以上を同期しているロケーションでは186%増加しています。さらに、一般的なロケーションのウェブサイトトラフィックの17%以上がGoogle以外のパブリッシャーからのものであることも判明しました。

その結果は、一貫性のある正確な情報を通じてクラス最高のオーガニック検索パフォーマンスを提供する上で、小規模でニッチなパブリッシャーが重要であることを浮き彫りにするものとなりました。すべての企業がSEO戦略を見直している環境において、これらの調査結果はオーガニック検索結果の迅速な改善に向けた道筋となります。ブランドは、今日この時点から準備を進めることで、明日の機会損失を防ぐことができます。

一貫性のある正確な情報がGoogleの検索結果に影響を及ぼす理由

代表的な検索エンジンは、ブランドの情報が多くのパブリッシャー間でどのように一貫して表示されるかを考慮し、検索順位を決定します。多くの場合、ブランドは検索最適化の焦点をGoogle、Facebook、Appleなどの大手パブリッシャーに絞りたくなる傾向にありますが、Yextの調査によると、一貫性のある正確な情報を掲載したオンライン上のロケーションが多いほど、SEO対策のパフォーマンスが向上することが判明しています。

これは、検索やAIツールが情報を収集するすべての場所で一貫した情報を提示することで、その情報に対する信頼が高まるためです。ブランドの情報がオンラインであまり入手できない場合、またはさらに悪いことに情報が一貫していない場合、これらのシステムはブランドの情報が正しいかどうかを知ることができません。このようなエンジンは、お客様に正確な検索結果を提供することを重要視しています。そのため、情報に正確性があると証明できるブランドが優遇されます。

Googleのマルチモーダル生成AIモデル、Geminiに、「より多くのパブリッシャーで一貫したデジタル・プレゼンスを示すと、Googleのウェブサイトクリック数の増加につながる理由」を尋ねたところ、その答えは弊社の調査結果を裏付けるものでした。

ご自身でも、Google GeminiとOpenAIのChatGPTの両方で実際に試してみてください。

パブリッシャーネットワーク全体での対応はAI検索にどう影響するでしょうか?

検索結果は争奪戦です。また、生成AIの導入により、ますます複雑になっています。Googleなどの従来の検索エンジンでは、AIで検索クエリにダイレクトレスポンスを生成するAI Overviews(通称Search Generative Experience(SGE)、ベータ版)などの追加のセクションを通じて生成AIをすでに組み込んでいます。

AIモデルは検索のあり方を包括的に変えています。Gartnerは、顧客が質問への回答をチャットボットや仮想エージェントに求めるようになるにつれて、検索ボリュームは25%減少すると予測しています。そして忘れてならないのが、このようなテクノロジーが小規模のパブリッシャーを含め、さまざまなデータソースを使用して情報を取得、収集し回答を生成するという点です。

ChatGPTは、例えば地域の金融担当者の検索結果を提供した後に情報源を引用するよう指示を受けても、Google、Facebook、Bing、Appleなどの大手パブリッシャーからの情報を参照しません。代わりに、YP.comとLocalmintからのソースデータを引用します。その様子を実際に見てみましょう。

ブランドが自社の情報を広範囲で一貫して管理に取り組んでいない場合、GeminiやChatGPT、今後さらに増え続けるAI主導型のモデルが検索結果で不正確な情報を提示したり、さらに悪いことに、情報をまったく提示しなくなる可能性があります。

パブリッシャーネットワーク全体での対応は、環境変化に伴う慣行にどう影響するでしょうか?

現在でも、ほとんどのブランドはGoogleからトラフィックを促進することに重点を置いていますが、これは当然のことでしょう。少なくともお客様の83%は、ブランドのロケーションにアクセスする前にGoogleで情報を検索しています。

しかし、検索が進化してお客様の行動が変化するにつれて、情報を拡張されたパブリッシャーネットワークと同期することはGoogleよりもはるかに重要です。さらに断片化が進む検索環境で他社に勝つことができるからです。

AIチャットボットやその他の仮想エージェントが検索のシェアを奪うというGartnerの予測に加えて、ソーシャルメディア検索も増加しています。Googleでは、Z世代の約40%は、Google検索やGoogleマップよりもTikTokやInstagramでの検索を好む可能性があるとしています。欧州では、ブランドがデジタル市場法の施行に伴うGoogleトラフィック減少の影響を実感しており、他のパブリッシャーの重要性が高まっています。

ブランドの事業拠点に関わらず、今やGoogleでないパブリッシャーは、想像以上に重要な存在であるのかもしれません。一般的なロケーションでは、すべてのデジタルエンゲージメント(ウェブサイトのトラフィックや詳細なプロフィールビューを含む)の17%以上が、Google以外のパブリッシャーからのものです。

終わりに

検索エンジンのアルゴリズムが進化し、AI主導型の体験が定着し、ソーシャル・メディアプラットフォームがこれまでにない検索チャネルとして台頭するとともに、デジタル環境は急速に変化しています。

正直、今後3~5年間で検索がどのように進化するかは誰にも正確にはわかりませんが、ブランドのデジタルプレゼンスを管理することは、こうしたカスタマージャーニーの避けられない変化に備えるための最良の方法となります。サードパーティのパブリッシャー全体で一貫性のある情報を広く公開することで、検索とAIに対し、競合他社よりも自社ブランドを信頼してもらえるような強力なシグナルを提供することができます。

ここをクリックして、レポート全文と調査の詳細をご覧ください。

*注意事項:相関性は高く統計的に優位である一方、Googleのアルゴリズムは複雑な性質です。そのため、因果関係を明確に主張することはできません。

この記事を共有