ローカルSEO戦略を改善する5つの方法

対象ユーザーにオーガニックにリーチするために、次の5つのローカルマーケティング戦略をお勧めします。

Trent Ruffolo headshot

By Trent Ruffolo

1月 11, 2024

1 min
SEOを活用してローカルマーケティングを改善する方法

ローカルマーケティングとは、特定の対象地域のオーディエンスに対してブランドをアピールすることです。また、近隣の集客に関心のあるマーケティング担当者にとって、ローカルSEOはオーディエンスへのリーチに役立ちます。

ローカルSEOにより、近くに住む人が必要な製品やサービスを検索したときに、自社ブランドが表示されるようになります。この可視性の向上は信頼を築くことにもつながり、うまくいけばコンバージョンの促進にもつながります。

検索エンジン最適化はローカルマーケティングの鍵

ローカルリスティング、ローカルランディングページ、オンラインにおける評判はそれぞれ、検索エンジンの結果でブランドの可視性を向上させます。検索エンジンは、これらの各チャネルからロケーション情報を検索し、顧客のローカル検索に対して事業との関連性を判断します。これらのチャネルを定期的に更新することで、検索エンジンと顧客の両方の信頼度を高めることができます。

対象オーディエンスにオーガニックにリーチするためには、以下の5つのローカル検索マーケティング戦略をお勧めします。

1. Googleビジネスプロフィールだけでなくより多くのリスティングを管理する

ご存知でしたか?Yextの調査によると、ブランドが拡張されたパブリッシャーネットワーク全体で情報を管理すると、Googleからのクリック数が186%増加することがわかっています。

あるYextの調査によると、ブランドは少数の大手パブリッシャーでのみ情報を管理しているブランドでは、Googleの全体的なウェブパフォーマンスが大幅に低下しています。これと比較して、Yextのネットワークのパブリッシャーのうち75%以上で表示されるブランドでは、Googleからの自社ウェブサイトへのクリック数が186%多くなっています。*

強力なパブリッシャーネットワークカバレッジが効果を発揮します。ロケーション別のGoogleウェブサイトの平均クリック数をY軸に、Yext Listingsネットワークの同期率をX軸にとったグラフ。ネットワークの75%以上が同期されているロケーションではGoogleウェブサイトのクリック数が186%増加している結果。

ローカル検索に関して言えば、リスティングは、お客様の製品やサービスの購入意図が高い瞬間にブランドの情報を前面に押し出す役割を果たします。AI検索でSERPに不確実性が生じる中でも、Listings マネージメントは依然としてSEO戦術のひとつであり、引き続き検索での可視性を促進しています。リスティングに漏れがなく最適化されていれば、自社の製品、サービス、ブランドがブランド検索と非ブランド検索で表示される可能性が高くなります。

営業時間、住所、電話番号など、事業に関する情報は常に正確に管理しましょう。ロケーション数が多い場合は特に、GoogleマップやAppleマップなどの地図アプリで必ず正しい位置情報が表示されるようにする必要があります。

ローカルでの可視性向上のためのSEO戦術としては、オファーや特別なお知らせなど、更新を投稿することも有効です。さらに、よくある質問とプロフィールを同期することで、お客様の疑問に回答できるほか、それらの質問と回答をGoogleもクロールさせて検索に利用できるようになります。ローカルSEOを最大化するには、リスティングの管理が重要です。

参照: デジタル・プレゼンスの力:多様なパブリッシャーを対象にすることが、ブランドの発見可能性に与える影響

2. ブランド情報が完全で、正確で、一貫していることを確認する

ご存知でしたか?Googleはウェブ上の情報をクロールし、ブランドに関する情報を参照します。

Googleなどの検索エンジンは、他のデジタルプロパティをクロールし、検索結果でブランドを表示する位置と方法を決定します。参照される情報は企業のウェブサイトだけでなく、Facebook、Bing、Apple Mapsなどのサードパーティのパブリッシャーも含まれています。

これらのサードパーティパブリッシャーで情報の表示方法に矛盾があ場合、ローカル検索で上手く表示されない可能性があります。リスティングの件数にかかわらず、すべてのデジタルプロパティで正確なブランド情報を提供することが重要です。正確な情報が提供されていない場合、製品やサービスを見つけ、購入や利用に至らないという事態になりかねません。

例えば、Googleのローカルマップパックにはローカルジャスティフィケーションというものがあります。ローカルジャスティフィケーションの例:

  • ウェブサイトのジャスティフィケーション:ウェブサイトのコンテンツから直接取得された情報

  • レビューのジャスティフィケーション: 検索クエリで使用されたキーワードと一致するレビューコンテンツから抽出されたキーワード

  • メニューのジャスティフィケーション: Googleビジネスプロフィール内のレストランのメニューから取得した食事と価格情報

ローカルジャスティフィケーションがローカル検索結果でブランドの表示ランクに影響する場合もあれば、影響しない場合もあります。ただ、Googleが消費者に結果を提供する際にこの情報を参照していることは明らかです。Googleから新たにSearch Generative Experience(SGE)が発表されましたが、この機能は、Google検索エンジンとブランドの両方で、ユーザーエクスペリエンスを向上させることを目的としています。

つまり、ローカルマーケティング担当者がGoogleリスティングを管理するには、あらゆる場所で情報を管理することが必要となります。

実例:デジタルマーケティング担当シニアマネージャーのWill Hanrahan氏が、Fazoli'sのウェブサイトとデジタルフットプリントを引き継ぎました。その際、ロイヤルティが高く、成長を続ける顧客層に合わせてブランドのすべての情報を管理することが困難でした。中でも、メニューに関する情報の管理に苦戦していました。メニューが頻繁に変更される上に、内容が店舗ごとに異なるためです。オンラインで検索する消費者が、近所の店舗の正確なメニューを見つけることができなかったため、混乱や否定的なレビューを招く結果となっていました。

Fazoli'sは、Yextと協力してマーケティングソリューションフレームワークを活用し、ブランドのデジタルフットプリントの再構築に乗り出しました。Yextの支援でデジタル変革を開始した後、Fazoli'sのオンライン売上高は全体で3.6倍に増加しました。ケーススタディ全文を読んでFazoli'sのデジタル可視化戦略の詳細な分析をご覧ください。

3. 検索エンジン向けにローカルランディングページを最適化する

ご存知でしたか?ローカルランディングページはメインのウェブサイトとは別で、ローカルでの可視性とトラフィックを生成するために特別に設計されています。

ローカルランディングページは、地域で商品やサービスを検索するユーザーからのトラフィックを獲得してコンバージョンできるように設計されています。そのため、イベント、商品、サービス、物理的なロケーションなど、トラフィックを増やしたいものに関してローカルランディングページを作成できます。

ローカルランディングページは検索エンジン向けに最適化する必要があります。これは、地域のお客様にリーチする上で不可欠です。通常、パフォーマンスの高いローカルランディングページには次の特徴があります。

  • 読み込み速度が速い: ランディングページの読み込み速度は高速である必要があります。これは、ページの読み込み速度がGoogleのランキングアルゴリズムに影響するためです。

  • モバイルおよびタブレット対応: ランディングページは、モバイルを含むあらゆるデバイスに最適化されていなければなりません。その理由は、検索トラフィックの半分以上 がモバイルデバイスから来るためです。

  • スキーマでマークアップ: スキーママークアップは、検索エンジンがページのコンテンツを理解するのに役立つ構造化データの一種です。これにより、検索エンジンはより豊富で有益な結果をユーザーに返すことができます。スキーマで適切にマークアップされたランディングページは、検索結果で上位にランクされる可能性が高くなります。

オンデマンドで視聴: ローカルマーケティングをマスター:ナショナルブランドのための特別なヒント

4. 評判管理戦略を実施する

ご存知でしたか?評価とレビューは、Googleなどの検索エンジンが検索ランキングを決定する際に役立ちます。

Googleは多くの場合、検索結果を事前にフィルタリングし、顧客がクエリに「最高」や「素晴らしい」などの単語を追加した場合には、星評価4つ以上の事業のみを表示します。しかし、今後、Googleは検索結果で事業の情報を表示する順位を決めるとき、ユーザーのレビュー内容までも考慮します。例えば、検索クエリで使用されているキーワードと一致する場合、Googleはレビューコンテンツのスニペットをハイライト表示します。「ニューヨークで一番美味しいピザ」や「Wi-Fiが素晴らしいカフェ」といった検索クエリを考えてみましょう。お客様はレビューの中で「至高のピザ」、また「Wi-Fiが素晴らしい*」とカフェについて感想を残しています。

Google上で自社の評判を最適化したい場合、残念ながら、Google上に掲載される情報を管理するだけでは十分ではありません。その理由は、Googleが他のサイトの平均評価をGoogleビジネスプロフィールに直接掲載するためです。また、Googleはローカルランディングページにレビューを掲載した企業を優遇します。

評判管理戦略の策定と実装は、大変な作業となる場合があります。しかし、SEOのメリットを活用することで、SERP(サーチエンジンの検索結果ページ)で競合他社よりも優位に立つことができます。

参考情報:評価とレビューが検索に与える影響

5. 分析とインサイトを使用してSEO戦略を改善する

ご存知でしたか?ローカルSEO戦略は、学習とインサイトに基づいて進化する必要があります。

お客様はウェブ上でブランドに関する情報を検索して参考にします。ローカル検索で実際にどのようなパフォーマンスを発揮しているかを把握するには、お客様がブランドとどのように(場所と理由も含め)関わっているかを総合的に把握することが必要です。

それに加え、パフォーマンスの傾向も把握することで、ブランドに利益をもたらす、情報に基づいたデータ主導の意思決定ができるようになります。パフォーマンスを最適化するために収集したいデータの例をいくつかご紹介します。

  • 時系列の業績と競合他社に対する業績の傾向: この情報は、重要な意志決定で役立ちます。例えば、特定のロケーションではオーガニック検索での可視性を向上させなければならない場合があります。次に、そのロケーションに特化した有料広告予算を増やすことで補うことができます。

  • 実際のユーザーが検索で使用するキーワード: キーワード調査はSEOの基本的な柱です。分析を使用して、ユーザーが検索エンジンに入力する検索内容を確認し、それらをリスティングとランディング・ページに組み込みます。

  • ユーザーがブランドを体験する方法: レビューの分析を使用し、お客様の体験を把握します。ポジティブなユーザーエクスペリエンスにつながる要素と、ブランドに対するネガティブな体験につながる要素はどのようなものでしょうか。問題を特定できれば、それを修正でき、最終的には否定的なレビューを減らすことができます。

  • ユーザーがブランドと関わる上で好む方法: ユーザー、トラフィック、エンゲージメントの分析を総合的に把握することで、オーディエンスが自社のブランドとどのように関わりたいかを知ることができます。例えば、特定の購入者のペルソナにはビジュアルガイドをうまく活用できること場合もあるでしょう。

「一度設定したら終わり」では、特にAI検索が検索エンジンの結果ページを変革する現在、ローカルSEOの目標を達成することはできません。検索結果は、アルゴリズムのアップデートやGoogleの新しい検索生成エクスペリエンスユーザーの行動や興味の変化などにより、常に変化しています。強力な戦略を構築し、分析を使用して継続的に改善する方がよいでしょう。

次に読む: 強力な分析機能でユーザーエクスペリエンスを向上させる方法

ローカルマーケティング戦略を強化する方法

マーケティングにおいては、自社情報をローカル検索結果に表示させることが重要です。ローカルマーケティング戦略では、SEO対策が必ず必要となります。オーディエンスのエンゲージメントを高めるため、上記の5つの戦略に優先順位を付けましょう。

これらの信条を取り入れたローカルSEO戦略を取り入れましょう。オンラインでの認知度を高めるだけでなく、集客力を向上させ、最終的には収益増につながります。ただ、ローカル検索での可視性を人の手で管理するのは難しい場合があります。適切なテクノロジーパートナーを選ぶことで、すべてのパブリッシャー、レビューアグリゲーター、ランディング・ページを1か所で管理することができます。

Yext Platformでは、多数のサードパーティのパブリッシャーと直接APIインテグレーションを行っています。そのため、リスティングの情報を常に正確かつ最新に保つことができます。このテクノロジーを活用することで、デジタル・プレゼンスをリアルタイムで管理でき、ローカル検索でランクインする機会も増やすことができます。

*最大のリスティングベンダーであるYextは、複数ロケーションを有する何千ものブランドのデジタルプレゼンスの管理をサポートしています。このような大規模で多様なデータセットを用いた調査を実施できるのは、Yextならではの強みです。公平なアプローチを確実に取るために、YextはListingsに掲載されている62万件以上のロケーション(あらゆる地域とブランドタイプ)を1年以上分析しました。調査全文はこちらから参照いただけます。

次に読む:多様なパブリッシャーを対象にすることが、ブランドの発見可能性に与える影響

Yextの新しい調査によると、ブランドが拡張されたパブリッシャーネットワーク全体で情報を管理すると、Googleからのクリック数が186%増加することがわかっています。

この記事を共有