デジタル市場法の施行:自社に対する影響を把握

デジタル市場法は、ゲートキーパー、御社のビジネス、そしておそらくトラフィック量にも影響を与えます。 こちらでは、その詳細をご紹介します。

By -

3月 5, 2024

1 min
デジタル市場法の施行:自社に対する影響を把握

*免責条項:当ブログ記事はEUデジタル市場法の概要を概略的に説明するもので、法的助言を提供するものではありません。

マーケティング担当者であれば、おそらくデジタル市場法(DMA)についてはよく耳にされていることでしょう。ただ、これが実際に自社ビジネスに及ぼす影響は不明確なのが実情ではないでしょうか。

以下では、最初の要件が発効した今、知っておくべきすべての事項についてご紹介します。

  • DMAの概要を影響を受ける主要テクノロジー企業

  • これらの企業が行わなければならない重要な調整

  • 企業が変化に備える方法

  • Yextのパブリッシャーネットワークへの影響の可能性

デジタル市場法(DMA)とは?

デジタル市場法は、デジタルセクターにおける「ゲートキーパー」と呼ばれる大手テクノロジー企業の権限を規制するために欧州連合(EU)で可決された競争法の一部です。 「ゲートキーパー」とは、非常に多くのユーザーを抱え、時価総額も大きく、EU域内市場に大きな影響を与える企業を指します。

EUの目標は、世界最大のテクノロジー企業が市場支配力を乱用するのを防ぎ、ひいては消費者の選択肢を増やし、データのセキュリティを強化することにあります。この法律は本日2024年3月6日から完全に施行されます。

影響を受ける「ゲートキーパー」とは?

次のテクノロジー企業6社がDMAの影響を受けます。

  • Alphabet(Google、Chrome、Youtubeなど)

  • Amazon

  • Apple(Safari、App Store)

  • Meta(Facebook、WhatsApp、Messenger)

  • Microsoft(LinkedIn)

  • ByteDance

これらの企業はそれぞれ、サービスにおける公正な競争とイノベーションを促進するために設計された一連の義務を遵守しなければなりません。 DMAの新要件に合致したサービスを提供するために、6か月の猶予が与えられました。 本稿執筆時点では、6社の22のサービスがDMAに指定されています。

企業にとって重要な変更点は?

DMAはゲートキーパーに対し一連の「すべきこと、すべきでないこと」を定めており、これにより以前に比べてゲートキーパーへの規制が厳しくなります。 DMAがゲートキーパーに規定する主な義務には次のようなものがあります。

*企業が自社サービスを優先することはできない。企業はもはや自社の製品やサービスを他社の製品やサービスより優先することはできません。 例: Androidユーザーは、デバイス上のデフォルトの検索エンジンをより簡単に切り替えられるようになります。

  • 競合他社のサービスとの相互運用性が必要となる。 企業は自社のエコシステムで囲い込むことはできません。 例: Appleは今後、Appleデバイス上で他のアプリ ストアを許可する必要があります。

  • **検索ランキングは規制対象となる。 ** 企業は、自社製品を第三者が提供する類似製品よりも検索ランキングの上位に表示することはできません。 例: Googleでホテルの予約を検索すると、検索結果に比較サイトの料金や追加情報を表示する専用スペースが表示されるようになりました。

  • プラットフォームから収集されるデータは制限される。 企業が収集したデータを使用して自社の製品やサービスを他社よりも上位に押し出すことはできません。 また、ユーザーの明示的な同意(ポップアップの承認と同意など)がない限り、ウェブ上での消費者の行動を追跡することもできません。 :LinkedInは、ユーザーが追跡できるデータについて再度承諾して同意するように求めています。

潜在的な影響を先取りするためにすべきことは?

DMAが正式に発効する中、企業はデジタルプレゼンスを最適化して、あらゆるチャネルで顧客による発見可能性とエンゲージメントを高める準備をすることができます。次のヒントを参考にしてください。

1.強力なデジタルプレゼンスを維持する リスティングに含まれる情報が多いほど、ローカル検索でのパフォーマンスが向上する可能性が高くなります。複数のチャネルにわたり充実した強固なデジタルプレゼンスを持つことで、発見可能性が高まり、お客様とのやり取りの機会が増えます。

リスティング最適化のため、説明や写真を追加したり、レビューに返信したり、詳細な製品データを提供したり、サービス一覧を完成させたりします。 ローカルページで、構造化データを更新して、顧客が正確かつ最新の情報を見つけられるようにします。

2. 一般的なキーワードの壁を超えた対応を実践する 作成するコンテンツを決定するために必要なキーワード調査が一般的なものしかできていない場合は、ぜひ積極的に対応しましょう。

ソーシャルメディア上の消費者からの質問やコメント、レビューに関するフィードバック、ブランドに関する他のユーザーが生成したコンテンツに注目します。 消費者からのフィードバックを取り入れることで、よりパーソナライズされたコンテンツを消費者に提供でき、エンゲージメントの向上につながる可能性があります。

3. 最高の顧客体験を創造する DMAの主眼は、消費者がより幅広い選択肢を持ち、より多くのデータソースにアクセスできるようにすることにあります。

御社が最高の結果をもたらすと消費者に信じてもらえるようにするには、自社ブランドにふさわしい、思慮深く、本物の体験をキュレートする必要があります。 ソーシャルメディアやウェブ上のあらゆる場所で自社情報が常に正確であることを確認しましょう。消費者に一貫した体験を提供することで、ブランドへの信頼が構築されます。 Yext Contentのデータを頻繁に見直し、更新することでこれを実現することができます。

4. ビジネスに関するインサイトを継続的に確認する DMAは、唯一不変なものは変化であるということを今一度思い出させてくれるものです。だからこそ、インサイトを常に確認し、データに基づいた意思決定を行うことが非常に重要です。

指標を確認し、レポートを準備して、その前後を比較対照します。 Yextをご利用の場合には、Yext Analyticsを使用して、事業データを同期しているすべてのサイトでオンラインプレゼンスの変化を簡単に比較できます。 これらの変化が現れたときにはまだすべき対応が多数あるかもしれませんが、何が変化の原動力となっているのかをより深く理解することもできます。

さらに掘り下げて、これはYextのパブリッシャーネットワークにとってどのような意味があるでしょうか。

Yextネットワークの一部のパブリッシャーはDMAの定める「ゲートキーパー」に指定されています。 具体的には、Googleマップ、Facebook、Instagram、LinkedInが含まれます。(Bingは当初含まれていましたが、2024年1月に免除対象外としてマークされました。) ゲートキーパー指定されたパブリッシャーに関しては、デスクトップ、モバイル、音声などのさまざまなデバイスで、プラットフォームの検索結果での事業リスティングの表示方法が変わる可能性があります。

事業情報を掲載しているすべてのサードパーティのサイトでデータを正しく表示することと、自社のデジタルプレゼンスのあらゆる箇所を看過しないことがこれまで以上に重要になっています。 ポジティブな点もあります。DMAではこれらの企業により多くのソースからの検索結果を表示することを義務付けているため、この変更により、Yextの拡張パブリッシャーネットワーク全体でYextのお客様のリスティングの表示回数とエンゲージメントが増加する可能性があります。(実際に、Yextは世界200社以上のパブリッシャーと緊密に連携 しており、消費者が御社のビジネスを探すあらゆる場所でデータを正確かつ最新の状態に保つために協業しています。

要約:GoogleのSERPに予定されている変更をリリース後に実際確認する時点まで、Yextに大きな変化はないと考えています。 Yextプラットフォームは、予想される変更にいくつかの方法で対応できるようにすでに設定されています。

  • 企業が事業に関する大量のデータを管理および維持できるようにしています

  • 弊社は200社以上のパブリッシャーと提携しており、今後はゲートキーパーの製品全体でより関連性の高い結果が表示される可能性があります。

  • ウェブ上での事業のパフォーマンスをAnalyticsで分析することで、潜在的な変化を追跡できるようになります

繰り返しになりますが、実際の影響がどんな形で現れるかは今後確認しますが、変更のリリース後に最新情報をお知らせし、適応方法をご案内していきます。

最後に、これはGoogleにとって何を意味するのでしょうか。

DMAの規制が明らかになって以降、Googleはさまざまな更新を行い、サービスの準拠を進めてきました。Googleが自己参照的に行動するのではなく、他のソースを紹介するというニーズに応えるため、ページ内のコンテンツの位置をテストする変更が見られ始めました。

新しい構造化データカルーセル Googleは、ユーザーが他のサイトを簡単に強調表示して比較できるように、さまざまな「ユニット」を追加して検索結果の更新のテストを開始しました。これらには、Google検索結果の「改良チップ」からアクセスできます。 「Places Sites」という名前のこれらのユニットには、画像、レビュー、評価、その他の属性などのリスティングの情報を含む、他のリスティングパブリッシャーからの結果が表示されます。 この更新のリリース後のユーザーの反応が興味深いものです。

EUデジタル市場法施行後のGoogle検索結果の更新前と更新後を示す画像。

出典:Google Search Central、2024年2月29日

SEOガイドの更新 間接的に関連しますが、Googleは数年ぶりにSEOガイドを更新 し、GoogleでのSEO実践に関するコンテンツと推奨事項を凝縮した形で公開しました。

今後の展望

これは英国に影響しますか?

英国は欧州連合(EU)の一部ではないため、DMAは英国では無効です。ただ、同国でも大手テクノロジー企業の行動を規制する法律が最近いくつか制定されています。

2023年10月26日に国王の裁可を受けたオンライン安全法は、技術プラットフォームに新たな義務を課し、未成年者に危害を与える可能性のあるコンテンツを監視・管理することを義務付けています。 さらに、デジタル市場、競争および消費者法案と呼ばれるものも現在英国議会で審議されており、これらのプラットフォームが運営する競争市場を管理することを目的としたDMAと重複する措置が含まれています。

英国を拠点とし、両市場で事業を展開する可能性のある企業にとっては、英国とEUの両方の法改正を常に把握しておくことが重要です。また、この記事の後半には、事業運営に役立つ貴重な情報が含まれる可能性があります。 法律が正式に施行された今も、多くの企業がランキング、クリック、エンゲージメントに大きな違いが及ぶことに気付いていない可能性もあります。

**EUでの次なる展開は?

今後実際に大きな変化があるとすれば、それはGoogleが大きな影響力を持っていたという事実を示すことになり、企業は今後「Googleランキング」だけに焦点を絞るのではなく、それ以上のことを考えなければならないことを示唆することになるでしょう。さまざまなパブリッシャーが消費者からより高く評価されていることや、削除された機能が実際に検索者に好まれていたことがわかるかもしれません。

最終的には人は適応します。 (正直に言うと、少なくとも当初は、DMAに必要な変更により、大規模なユーザーのGoogle離れが起きる可能性は低いでしょう。) しかし、SERPの新しいパラダイムで消費者が回答を得ることが難しくなると、ブランドがオーガニック検索で上位にランクインすることがさらに重要になります。

いずれにせよ、これはほんの始まりに過ぎません。EUが市場調査を実施し、DMAの適用経験を積むにつれて、法律の理解の仕方が変化する可能性がありますが、これも問題ありません。 Yextで

は、お客様に最新情報を提供し、市場の変化に適応できるようお手伝いすることで、デジタルプレゼンス全体で一貫性があり、正確で魅力的な体験を提供できるようにしていきます。

明日のトレンドをいち早く知る

この記事を共有