1 min

Google更新の概要:2024年の変更事項

Trent Ruffolo headshot

By Trent Ruffolo

3月 26, 2024

1 min

マーケティング担当者にとって、Googleのすべての更新内容を把握することは難しく、時間のかかる作業です。2024年にはすでに数十件の更新が行われています。

弊社はGoogleの信頼できるパートナー企業として、お客様が最重要事項であるビジネスの成長と拡大にさらに注力できるよう、これらの変更点に関する戦略的ガイダンスの提供に取り組んでいます。以下では、2024年にGoogleが実施する更新のうち、最重要事項をまとめています。

すべての業種に影響する更新

ソーシャルメディアの更新内容をGoogleで表示

昨年、Googleでは企業がGoogleリスティングにソーシャルメディアリンクを追加できるようになりました。現在、Googleは、Facebook、Instagram、Xの投稿をGoogleビジネスプロフィールの「ソーシャルメディアの更新」セクションで積極的に取り上げています。

企業はソーシャルメディアハンドルをリンクし、Yextで投稿を作成して、リンクを使って可視性を向上させることができます。このアップデートの詳細については、こちらのブログ記事をご覧ください。

プライバシーに関するアップデートにより道案内のクリック数に影響が出る可能性*

消費者により正確な結果を提供するため、Googleは、ユーザーのプライバシーをより適切に保護するための更新を行っています。この結果、企業は2024年1月以降の「道案内」のクリック数が減少していることに気付くかもしれません。

EMEAに影響する更新

デジタル市場法の施行

2024年3月上旬にデジタル市場法が施行されました。あまり馴染みがない方のために説明すると、デジタル市場法は欧州連合により制定された規制です。大手グローバルテクノロジー企業(Googleなど)による市場支配力の濫用を防ぐことを目的としています。

この法律に準拠するために、GoogleやFacebookなどのサイトで検索機能に一連の変更が加えられ、検索結果の表示位置と表示方法が変わる可能性があります。

デジタル市場法、企業への影響、そしてその間に何をすべきかについて、詳しくは、こちらのブログ記事をご覧ください。

ホテルのウェブサイトのURL

最近、Googleはデジタル市場法に準拠するため、ローカル検索結果にウェブサイトへの直接リンクを追加し始めました。現時点では、この機能は主にホテルに関してサポートされているようです。その結果、ゲストが企業のウェブサイトにアクセスするためにリスティングをクリックする必要がなくなりました。ローカル・パックからウェブサイトのリンクを直接クリックできるようになったため、その影響は大きいと言えるでしょう。

ショッピング検索

デジタル市場法に準拠するため、Googleは最近、SERP(サーチエンジンの検索結果ページ)のショッピング結果の表示方法を変更しました。Googleによる重要な変更点は次のとおりです。

  1. 公正な競争の促進とマーチャントのオーガニックな可視性の向上のため、検索結果に「商品」タブと「商品サイト」タブを導入。

  2. 旅行、地域の情報、ショッピングに関連した検索で表示される可能性が高いリッチリザルトのカルーセルを展開。

  3. ユーザーをさまざまなアグリゲーターウェブサイトに誘導することを目的とした専用の「アグリゲーターユニット」を採用。

これらのアップデートは、デジタル市場法の施行に伴って導入される可能性のある変更点の一部です。弊社では、引き続き今後の重要な変更点についても取り上げていきます。

レストランへの影響

食事注文ボタンの更新

2024年6月、Googleは、ゲストがGoogleから直接オンラインで注文するオプションを削除する予定です。Googleで注文ボタンをクリックした検索ユーザーは、レストランのウェブサイトURLで直接注文するか、Seamless、GrubHub、DoorDash、UberEatsなどの第三者サイト経由で注文するように指示されるようになります。

レストランは、今後もYextを使用して、自社サイトの店舗受け取りと配達のURLをFood Place Actionsと呼ばれる「Order with Google」エクスペリエンスに同期できます。この更新の詳細については、こちらのブログ記事をご覧ください。

価格帯の更新

これまで、レストランの価格帯はビジネスプロフィールに記載されているドル記号の数で判断することができました。今回の更新に伴い、ドル記号に代わってGoogleは実際の価格帯($10~$20)を表示するよう変更を行いました。

価格帯の情報はGoogleにより直接提供されており、現時点ではレストランが独自に管理できません。

メニューのハイライトに関するフィードバックの提案

ゲストは写真を撮ったり、特定のメニュー項目についてフィードバックを残すことができます。こうしたフィードバックは、レストランのビジネスプロフィールのメニューのハイライトとして取り上げられます。今回の更新に伴い、Googleにフィードバックを提供してすでに提供されていない料理を報告したり、詳細情報を更新(料理名の変更など)できるようになりました。これにより、メニュー項目がGoogleに正確に反映されるようになります。この機能は、お客様に検索対象の料理の情報を正確に提示するために重要であり、検索結果で情報を見つけやすくすることにもつながります。(簡単な例を挙げると、誰かが「近くのペパロニピザ」を検索した場合、自社レストランでペパロニピザを提供していることが明確であればあるほど、検索結果に表示される可能性が高くなります。)

現在、この機能はGoogle UIを通じてのみサポートされています。

新しい「近くのイベントとお得情報」セクション

Googleは最近、SERP(サーチエンジンの検索結果ページ)で「近くのイベントとお得情報」の表示を開始しました。これは常に4件の表示枠で表示されますが、Googleはこれらの結果を地元企業の作成したオファーやイベントの投稿から取得しています。現在、この新機能は、米国、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、英国、インドの食品およびレストラン業界の企業でのみ利用できます(対象地域を今後拡大予定)。

オファーやイベントの投稿は、認知度を高め、ビジネスへのエンゲージメントを高める絶好の機会です。例えば、メキシコ料理レストランでは、#TacoTuesdayで利用できる割引を宣伝するために週のオファー投稿を作成できます。レストランは、Yextでオファーやイベントの投稿を簡単に作成できます。

Googleなどのサイトは常に更新を行い、検索結果で事業の情報の表示位置や方法が変わる可能性のある新機能を追加しています。弊社は信頼できるGoogleのパートナーとして、お客様がこれらの変更について常に把握できるようサポートします。毎週、毎月更新される最新情報につきましては、弊社のブログの「パブリッシャー関連のアップデート」セクションでご覧ください。

御社のデジタルプレゼンスを差別化要因に変えるためにYextを活用する方法は、ListingsロケーションページReviewsの製品の詳細をご覧いただくか、こちらからデモをお申し込みください。

この記事を共有